医療器メーカーが取引先の開院へ贈るお花の選び方と注意点

花の力をビジネスに活かす!

企業・法人向けフラワーコンシェルジュ

 

医療器具・機器メーカーの皆様へ、お付き合いのあるお医者様や医療法人から開院の案内状が届きました。そんな時、お祝いに何を贈れば良いか悩む方は多いと思います。
今回は、医療品メーカーの方が取引先クリニック様の開院祝いに贈るべきフラワーギフトと、花贈りのマナーをご紹介いたします。

2019.06.12

総合病院、接骨院、整骨院、歯科医院、耳鼻咽喉科医院、眼科医院、神経内科医院、小児医院、婦人科医院など、病院はとても多くの分野で細分化されています。

何を贈るべきか考えた場合、やはりお花が最適なギフトになると思います。

理由は開院も、お店の開店と同じく「新しいことへのお祝い」になるため、字義通り花を添えることが望ましいからです。
そして、お花は生ものという性質上、ある程度の期間で枯れていきますので、他のギフトの置物と違い、病院内のスペースを占有し続ける事なく、病院の営業の邪魔もする事もありません。

今回は開院お祝いの花の選び方と予算、また贈るタイミングなどのマナーをご紹介したいと思います。

開院祝い全般で喜ばれるフラワーギフト2選

法人ギフト定番の胡蝶蘭

法人・企業が花を贈る、ビジネスシーンでのお花といえば胡蝶蘭というイメージがありますが、開院祝いにも最適なフラワーギフトになります。
新築された、真新しい院内の待合室や玄関に飾られた胡蝶蘭は、胡蝶蘭が持つ高級感と、色味が一色でシンプルに美しい清潔感を兼ね備え、開院お祝いに相応しいお花になります。

大きな病院の開院になりますと、病院側も胡蝶蘭が多く届くことを分かっていますので、ロビーに胡蝶蘭を飾る棚を設置して頂いている場合もあり、棚の上に何十鉢も並ぶ胡蝶蘭は病院のお付き合いの広さを感じます。

 

胡蝶蘭のお色は、定番の白色が清潔感があり、最も人気があります。他方、ピンク色も優しい色になりますのでお勧めです。

ご希望の価格、色や仕立ての本数、良い品質の胡蝶蘭を贈る為には、一週間前には花屋に問い合わせをしておいたほうが良いでしょう。花屋には常時、お客様が望む胡蝶蘭がお店に置いてあるわけではありません。花市場も地域にもよりますが、週に二回しか鉢物のセリをしていませんので、注文日によっては胡蝶蘭のセリが間に合わない場合がありますので、開院の通知を頂いたら早めのご予約をおすすめいたします。

 

開院祝いに胡蝶蘭を贈る上で、注意しなくてはならないのは、宅配便で胡蝶蘭を届けてはいけないという事です。
開院準備で忙しい病院のスタッフに、宅配で届いた段ボール箱を開封・後片付けさせ、更に忙しくさせてしまう事は、ギフトとして相応しくはありません。また、宅配便には規格サイズの上限がありますので、そこに収まるサイズの胡蝶蘭しか発送することができません。胡蝶蘭は花屋から直接手渡しでお届けしてもらう事が肝心です。

予算

胡蝶蘭の予算はおよそ15,000円から20,000円(税別)が相場ですが、お付き合いにより変動し、30,000円(税別)のものを贈られる方もいらっしゃいます。

胡蝶蘭3本立ち21輪以上
価格:15,000円(税別)
POINT
1⃣全国対応・送料無料
2⃣生花店から手渡し
3⃣希望があれば回収
商品詳細をみる

胡蝶蘭3本立ち24輪以上
価格:20,000(税別)
POINT
1⃣全国対応・送料無料
2⃣生花店から手渡し
3⃣希望があれば回収
商品詳細をみる

癒しと実用を兼ねた観葉植物

開院中クリニックの待合室には多くの観葉植物が置かれていますね。観葉植物には癒しをもたらす「森林浴効果、空気清浄効果、視覚的疲労緩和、リラックス効果」があります。そのため待合室に観葉植物が置いてあるだけで、患者様の緊張を解し、気持ちを和らげる事ができます。

また、院内をお洒落な空間として演出するインテリアとして楽しむ事もできますし、設置場所により間仕切りや目隠しとしても活用できることから、プライバシーを重視する病院側にとって喜ばれます。その為、病院側が自前で観葉植物をレンタルするほど重宝されるフラワーギフトになります。病院・整骨院の開院祝いにお花を贈りなれている、医療品メーカーの方々も、開院のお祝いには観葉植物と決められている会社様も多く存在します。

観葉植物は鉢の周りを和紙でラッピングして届ける事が一般的ですが、ラッピングではなく、お洒落な鉢カバーに入れお届けすると、見た目も綺麗ですし、病院側も水やり等の管理がしやすくなりますので、観葉植物+鉢カバー=インテリアとして贈られてみてはいかがでしょうか?

 

観葉植物を贈られる時に気を付けるべきことは、2点あります。

1⃣ 病院の大きさと観葉植物の大きさを合わせて考える

あまり大きくない病院に大きな観葉植物を贈られると邪魔になってしまいます。

2⃣ オフィスグリーンとして定評のある「管理しやすい」ものを選ぶ

開院祝いに贈る観葉植物の種類としては、パキラ、ユッカ、シュロチクなどが、比較的育てやすく、管理しやすい観葉植物になりますのでお勧めです。

 

観葉植物も胡蝶蘭同様、常に花屋に希望する品種と大きさがあるわけではございませんので、届ける一週間前、できれば二週間前までには花屋に問い合わせをしておいた方が安心です。

予算

観葉植物の予算はおよそ15,000円から20,000円(税別)ですが、お付き合いにより変動します。高価なものはボリュームも大きくなる可能性がありますので、必ず大きさと開院先様の広さを確認しましょう。

観葉植物
価格:15,000円(税別)
POINT
1⃣おまかせオフィスグリーン
2⃣全国対応・送料無料
3⃣生花店から手渡し
商品詳細をみる

観葉植物(カゴ入り)
価格:20,000円(税別)
POINT
1⃣おまかせオフィスグリーン
2⃣全国対応・送料無料
3⃣生花店から手渡し
商品詳細をみる

贈り先様別・このフラワーギフトも喜ばれる!

胡蝶蘭・観葉植物を贈ることの多い開院祝いですが、贈り先様の要望などを細分化して考えると、他にも「この贈り先様だからこそ喜ばれる」フラワーギフトがあります。

贈り先様の業態や用途、規模などを踏まえて、フラワーコンシェルジュが開院祝いにおすすめのお花をご紹介いたします。

大きなクリニックへ華やかスタンド花

開院祝いにスタンド花を贈るというイメージを持たない方もいると思いますが、開院もお店の開店と同じで、お客様・患者様への人気商売です。最初は多くの方に知って貰わなければなりません。告知という意味で、病院前に飾られるスタンド花は、病院前を通られる人々への宣伝として適したフラワーギフトになります。

大きな病院の開院祝いになりますと100基以上のスタンド花が並ぶこともあり、そのさまは壮観です。

他方、お店の開店と開院は業種が異なりますので、血を連想させる赤一色のスタンド花や、突飛な色合いのお花のスタンド花、花粉が多いお花の使用は避けた方が宜しいでしょう。スタンド花はお花を受け取った病院側の指示した日に花屋が回収いたしますので、病院スタッフの方へは処分などの手間がかかりません。

予算

スタンド花の予算は15,000円から20,000円(税別)になります。1段は15,000円から、2段は20,000円から制作可能となることが一般的です。

お祝いスタンド花2段
価格:20,000円(税別)
POINT
1⃣花色選択可能
2⃣送料無料・全国対応
3⃣生花店から手渡し
商品詳細をみる

気軽にor個人的に贈るならアレンジメント花

アレンジメント花は、院内の受付や玄関に飾られる事が多く、院内を開院に相応しい華やかな雰囲気に演出してくれます。

胡蝶蘭や観葉植物、スタンド花よりも予算の融通が利くので、比較的安価な予算から設定可能ですし、取引先様へ「個人的に」贈りたいときは、アレンジメント花が良いでしょう。

開院祝いにアレンジメント花を贈られる際、スタンド花同様血を連想させる赤一色のお花の組み合わせは避けて下さい。また、アレンジメントは室内の患者様と同じ空間に置かれることも多いので、目が疲れるような激しい色の組み合わせのお花も避けた方が賢明です。お花の色味だけではなく、香りの強い花や、花粉が多い花も避けるべきです。
アレンジメント花は、色と花の種類の組み合わせ方次第で、用途に最適なフラワーギフトになります。

予算

アレンジメント花を個人的に贈る場合の予算は5,000円から10,000円(税別)ほどで、

メーカーとして贈答する場合の予算は10,000円から15,000円(税別)になります。お付き合いにより変動します。

アレンジメント花
価格:5,000円(税別)
POINT
1⃣花色選択可能
2⃣送料無料・全国対応
3⃣生花店から手渡し
商品詳細をみる

アレンジメント花
価格:10,000円
POINT
1⃣花色選択可能
2⃣送料無料・全国対応
3⃣生花店から手渡し
商品詳細をみる

小児科や歯科へバルーン付きアレンジメント花

小児科や子どもも受付している歯科医院、または耳鼻咽喉科など、「子供の来院が予想される病院」に関しては、バルーン入りのフラワーアレンジメント花もおすすめです。

胡蝶蘭や観葉植物ほどの「フォーマルな贈答花」という印象がないので、アレンジメント花と同様、個人的に贈ったり、気のおけない間柄のお取引ができている医院様へ贈られると良いでしょう。

バルーン入りのフラワーアレンジメントが飾られていると、初めて受診に来た子どもも「あ!」と気になりますし、「子供に寄り添った医院」であることを示すことができます。

 

予算は8,000円から10,000円(税別)ほどが相場になります。

バルーンアレンジメント花
価格:8,000円(税別)
POINT
1⃣花色選択可能
2⃣迫力あるバルーン付き 3⃣送料無料・全国対応
4⃣生花店から手渡し
商品詳細をみる

開院祝いの花贈りマナー

贈るタイミング

開院にお花を贈るタイミングは、内覧会の招待状を頂いている場合、内覧会の日にお花をお届けしましょう。内覧会に上司や営業の方が出席して自社のお花が届いていない場合、気まずい思いをしてし まう 事になり、後日開院日に合わせお花を贈られても、お花を忘れた感が出てしまいます。

内覧会の招待状を頂いていない場合は、開院当日でも問題ございませんが、なるべく当日午前中にお届けするように手配をして下さい。

名札の筆耕内容

筆耕内容は「祝開院」もしくは「御祝」を表書きとし、贈り主名を記載するのが一般的です。送り先の病院名を入れる場合はくれぐれも間違いなきよう、複数人で何度も確認した方が間違いありません。

プロのフラワーコンシェルジュに相談したい場合

花助では、全国の法人贈答花に特化した花屋と提携し、お客様から頂いた注文を1件ずつ精査し、手渡しで贈り先様へお花をお贈りするサービスを展開しています。

全国各地の病院の開院祝いにお花を贈る機会の多い法人・企業様に代わり、全国の花屋を厳選し花贈りをトータルサポートいたします。

開院祝いの花贈りは、花助のフラワーコンシェルジュにお任せください。

花助ショッピングサイト

フラワーコンシェルジュ

小林新一

全国の一流生花店と自社提携を行い、全国対応の花贈りサービスを展開。世界に通じる花の総合商社設立を志し、株式会社花助の代表取締役を務める。 アメリカ・オランダへ生花事業留学後、国内生花店で実務経験を積み起業に至る。 第3回群馬ベンチャーサミット・グランプリ受賞 / 第3回群馬イノベーションアワード・ファイナルステージ登壇 / 経済産業省 グローバル起業家等育成事業 米国派遣プログラム採択 / 経済産業省 地方発ベンチャー企業ミートアップ登壇 / 各社新聞掲載など。

RECOMENDED / おすすめ記事