「正直困るな・・・」胡蝶蘭を贈って取引先を困惑させたこと

法人・企業間におけるお祝い事に欠かせない「胡蝶蘭」。

居酒屋での「とりあえず生(ビール)!」と同じくらい定番のため、お祝い事があれば「とりあえず胡蝶蘭!」状態になっていませんか?

胡蝶蘭を受け取った「贈り先様」サイドに立ち、胡蝶蘭で起こりがちな事例をご紹介します。

2019.06.26

胡蝶蘭トラブル事件簿

ケース1:「とりあえず胡蝶蘭で」

「とりあえず胡蝶蘭出しとけば間違いない…」

確かに、就任、上場、開業、移転、演芸など多くの場面で活躍する胡蝶蘭。

しかしフラワーギフトには「ふさわしい用途」があります。

一例:スタンド花に囲まれる小さな胡蝶蘭

ホテルで行われる周年パーティー。周年祝いだから胡蝶蘭!という方ももちろんいらっしゃいますが、パーティーなど1日を彩る目的の場合は「スタンド花」が最も喜ばれます。大きな名札が付くスタンド花を出した他の関係企業に囲まれ、置き場なく床置きされた自社の胡蝶蘭の切なさ。

※周年祝いのパーティーがなく本社へお贈りする場合は胡蝶蘭が最適です。

解決策:「とりあえず」と決めつけない

ビジネスだから「胡蝶蘭」と決めつけず、贈り先様の一番喜ぶものを想像することが大切です。

贈り先様が喜んでこそのフラワーギフトです。

ケース2:宅配便で送ってしまった胡蝶蘭

「送料無料だし宅配って便利だな~」

多数の産地直送や生花店が胡蝶蘭を宅配の段ボール便にてお届けしています。

ここでも大切になるのが「贈り先様の立場になってみる」こと。

一例:贈り先様へ飾る準備を丸投げ

ある都内企業の上場祝い。上場祝いで本社へ贈るなら「胡蝶蘭」ですね。しかし、その手狭なオフィスに胡蝶蘭を段ボールで届けてしまうと、以下のことを贈り先様へ要求することになります。

 

1⃣ 箱から慎重に胡蝶蘭を取り出すこと

2⃣ 取り出すのに複数人必要かもしれない

3⃣ 花びらが落ちやすいので気を付けること

4⃣ 空いた段ボールは分解してゴミとすること

 

宅配便胡蝶蘭のデメリットはこれだけではありません。

1⃣運送事故で倒れたり、花びらが損傷する可能性

2⃣運送トラブルで予定日時に到着しない可能性

3⃣箱に入るサイズ内の胡蝶蘭しか送れない

4⃣箱にサインしてもそこから出してもらえない

 

上記のデメリットは、実際に発生する事件なのです。

解決策:花屋から手渡しで届ける

そのため花助では「花屋から手渡し届け」でお贈りすることをおすすめしています。

花屋から手渡しであれば以下のメリットがあります。

1⃣胡蝶蘭の扱いに慣れたプロが運搬

2⃣近隣生花店から向かう為時間指定可能

3⃣大きな胡蝶蘭もトラックで運搬

4⃣花屋スタッフが指示に従い設置

 

弊社花助をはじめ、手渡しでお届けする胡蝶蘭を扱う花屋もオンラインショップがありますので、ぜひそちらをご検討くださいね。

ケース3:割引・アウトレット価格は…

「アウトレットでも品質良いって書いてあるし…」

花屋や胡蝶蘭の生産農家のネットショップで、値引きや安売りされた胡蝶蘭を販売しているショップがありますが、はっきり言って「贈答用」にはおすすめしません。

一例:「なんか枯れるの早くない?」

安く買い求めても、花の並びも悪く見た目も美しくない、開花期間も短期間で終わる可能性もあります。

できるだけ予算を下げるために、アウトレット価格胡蝶蘭を注文。届いたときは大丈夫でも、胡蝶蘭は「届いてから鑑賞を始める」商品。すぐに枯れてはお贈りした意味がありません。

解決策:正規価格の贈答用を購入する

胡蝶蘭にもブランドの品種があり、栽培の上手な生産農家が育てた胡蝶蘭は、見た目も綺麗で仕立ても美しく、観賞期間も長く楽しめます。

贈り物として胡蝶蘭を買い求められる場合、値引きや安売りされた胡蝶蘭を求めるのではなく価値ある胡蝶蘭をお求めください。

ケース3:贈り先様に残る大量の空き鉢

お付き合いの広い会社や役員様におかれては、一度のお祝いに100個以上の胡蝶蘭が届くことはよくあります。たくさんの胡蝶蘭を受け取り、贈り先様も非常に喜ばれることと思います。

しかし、管理にもよりますが胡蝶蘭は1か月~2か月で花を散らし、そこには100を超える大量の「枯れた胡蝶蘭」が残ります。

一例:東京胡蝶蘭問題

花助では「東京胡蝶蘭問題」と呼んでいる根深い問題です。

たくさんの胡蝶蘭を管理することも難しく、またその大量に出る廃棄を手配することも「贈り先様」。

現在は特定の業者を呼び、有償で胡蝶蘭の回収を依頼している状況です。

解決策:回収できる花屋に注文する

花屋のなかには「枯れた胡蝶蘭を回収」するサービスがある店舗もありますので、ご購入される際確認された方が、贈り先様に親切です。

花助では備考欄にご希望いただければ、贈り先様の希望に合わせて無料で回収に伺います。

しかし、一社が回収してもまだまだ残る大量の胡蝶蘭。花助では、根本的解決に向けてのサービスを日々模索しております。

胡蝶蘭 3本立ち 24輪以上
価格:20.000円(税別)
POINT
1⃣全国対応・送料無料
2⃣生花店から手渡し
3⃣希望があれば回収
商品詳細をみる

胡蝶蘭を贈ることは「気持ち」を贈ること

「胡蝶蘭さえ贈っておけばよい」という考え方はもう捨てましょう。ギフトにそのような単純解は存在しません。

ギフトは「気持ちを贈ること」であり、モノを送ることはその手段に過ぎないのです。

花助のフラワーコンシェルジュは、企業間の贈答用フラワーギフトを扱い、全国の厳選した花屋から手渡しで胡蝶蘭をお届け致します。

数多くのお祝いごとに花を手配することも大変ですが、今後のお取引のためにも「贈り先様を困らせない」胡蝶蘭を贈りましょう。

花助オンラインショップ

胡蝶蘭 3本立ち 30輪以上
価格:30.000円(税別)
POINT
1⃣全国対応・送料無料
2⃣生花店から手渡し
3⃣希望があれば回収
商品詳細をみる

胡蝶蘭 5本立ち 50輪以上
価格:50.000円(税別)
POINT
1⃣全国対応・送料無料
2⃣生花店から手渡し
3⃣希望があれば回収
商品詳細をみる

フラワーコンシェルジュ

小林新一

全国の一流生花店と自社提携を行い、全国対応の花贈りサービスを展開。世界に通じる花の総合商社設立を志し、株式会社花助の代表取締役を務める。 アメリカ・オランダへ生花事業留学後、国内生花店で実務経験を積み起業に至る。 第3回群馬ベンチャーサミット・グランプリ受賞 / 第3回群馬イノベーションアワード・ファイナルステージ登壇 / 経済産業省 グローバル起業家等育成事業 米国派遣プログラム採択 / 経済産業省 地方発ベンチャー企業ミートアップ登壇 / 各社新聞掲載など。

RECOMENDED / おすすめ記事