商業施設のオープニングセレモニーのお祝いに正しいお花の選び方・贈り方とは

花の力をビジネスに活かす!

企業・法人向けフラワーコンシェルジュ。

新規商業施設のオープニングセレモニーは、ビジネスの関係者だけではなく、地域振興という意味から、地域の政財界やマスコミの方も多く参加される一大式典になります。
新規商業施設を開所される取引企業様から招待状が届き、お相手先様に最適なギフトは何が良いか悩まれる方も多いと思います。
お祝いの気持ちを表現すると同時に、空間を華やかに演出してくれるフラワーギフトは、ビジネス上の関係おいては、大切な取引企業様のオープニングセレモニーにも最適です。
しかし、どのような花を贈るべきか、予算はどの程度がふさわしいのか、贈るべき時期など、意外と知らないことが多いもの。そこで花助のフラワーコンシェルジュが、取引企業様への商業施設のオープニングセレモニーの祝いのお花で失敗しないための知識をご紹介します。

2018.07.23

オープニングセレモニーにはどんなお花を贈るべき?

豪華に祝う「スタンド花」?

一日限りのオープニングセレモニーを 華やかにお祝いするのに最適なお花になります。

商業施設のオープニングセレモニーには
地域の政財界・マスコミ関係者と大変多くの方々が来場なされます。
スタンド花の名札は胡蝶蘭の名札よりも大きく目立つため、来場者が「あんな凄い会社から花が届くのか」「あの会社とも取引があるのか」とオープニングセレモニーにお花を届けている会社名や芸能人の名前などを確認しやすいです。
その為主催者がいち早くお花に気づき「この度はご丁寧にお花を頂きありがとうございました」などの言葉をその場で頂けたりします。
また、スタンド花は色々な色の花を入れることができますので、商業施設のオープニングセレモニーを華やかに祝うには相応しいお花です。

オープニングセレモニーにお勧めのスタンドフラワー3選

スタンド花2段
価格:21,600円(税込)
商品詳細をみる

スタンド花2段
価格:32,400円(税込)
商品詳細をみる

スタンド花1段
価格:21,600円(税込)
商品詳細をみる

それでも贈りたい「胡蝶蘭」?

ビジネスシーンにおけるフラワーギフトの定番といえば胡蝶蘭になります。
ですが今回の用途は取引企業様の新規商業施設のオープニングセレモニーになりますので、会場には胡蝶蘭を飾られるスペースはご用意されていないと考えるべきです。

※イメージ

式典会場には大勢の関係者がご招待されており、会場に胡蝶蘭を贈った場合、フロアに直置きされ、人影で胡蝶蘭が見えなくなってしまいますので、式典に参加された上司の方が、「あれ?うちの会社の花が見当たらない」と不安になり会社に電話を掛け担当者に花は贈ったのか?問い合わせる事があります。
さらに、話しに夢中になった招待者の方々の足が胡蝶蘭に当たり続け「うちの会社の花が蹴られ続けている~」と本来ならしなくてよい気を使うハメになる事があります。

次にオープニングセレモニーを華やかに演出する事について考えます。
胡蝶蘭の色味は白やピンクなどの単色になりますので、オープニングセレモニーを華やかに彩るという意味では若干の寂しさがあります。
あくまでも胡蝶蘭は、オフィスや店舗で長期間飾り楽しめる高価なお花であり、数時間で終わってしまうオープニングセレモニーなどの式典向きではないということです。

商業施設のオープニングセレモニー祝いに最適な予算とは?

大切な取引企業様への祝い花の最適なご予算は二万円から三万円になります。ご用途を問わず一般的に企業が企業に贈る花の価格は二万円から三万円が相場になります。
ただしお付き合いが深いオープニングセレモニーの場合は二万円以上のスタンド花を二本対で贈られても良いと思います。

オープニングセレモニーにお勧めのスタンドフラワー3選

スタンド花2段
価格:21,600円(税込)
商品詳細をみる

スタンド花2段
価格:32,400円(税込)
商品詳細をみる

スタンド花1段
価格:21,600円(税込)
商品詳細をみる

オープニングセレモニーは「いつ」贈るべきか

式典が始まる二時間前には納入するべきです。
主催者サイドがお付き合いの深い企業様順に上座からお花を配置する順番を決めていく作業や、どなたからお花を頂いたか記載していきますので少し時間には余裕を持たれたほうが良いでしょう。
花助のフラワーコンシェルジュでは、会場に電話でお花の搬入が大丈夫か?搬入時間は何時なのか?を確認し、式典終了後お花の回収も致しますのでご安心ください。

立札・メッセージカードの書き方について

商業施設のオープニングセレモニーなどの場合、「御祝」でも問題はございません。これらの表書きに贈り主様のお名前を入れまして、「御祝 株式会社〇〇」といった形が一番シンプルかと存じます。もしお届け先様のお名前も入れるのであれば、「御祝 〇〇株式会社様 株式会社〇〇」となります。なお、先方様のお名前を間違ってしまうのが一番失礼に当たりますので、不安な場合は贈り主様のお名前のみがよろしいかと存じます。

フラワーコンシェルジュのオススメ

「誰が誰に何の為に」のフラワーシェルジュの公式に当てはめた場合、自社が取引企業のオープニングセレモニーに贈るお花は=スタンド花二段20000円を式典が始まる二時間前までに搬入になります。

プロのコンシェルジュにお花を選んでほしい場合

大切な取引企業様のオープニングセレモニーのお花に悩まれましたら、フラワーコンシェルジュ花助にお任せ下さい。
式場へお花の持ち込み許可や搬入時間を確認し、また式典終了後にはお花の撤収まで致します。

フラワーコンシェルジュ花助は全国の花屋を厳選しお客様のご用途に最適な花屋から手渡しでお花をお届け致します。

フラワーコンシェルジュへのご依頼はこちら

店長

小林新一

世界に通じる花の総合商社設立を志し、アメリカ2年間・オランダ1年間の花の留学。 お客様が大切な人へ花を贈る際、花屋を選ぶ不安がある事から、全国の花屋を200店舗厳選し、花贈りをトータルサポートする、フラワーコンシェルジュサービスを展開。

RECOMENDED / おすすめ記事