【選挙】陣中見舞い・当選祝いへのフラワーギフトの贈り方・マナー

選挙でご親戚、お付き合いのあった方が出馬されたら、応援やお祝いのしるしに「フラワーギフト」を贈りましょう。

選挙でお花を贈るのは大きく分けて「陣中見舞い」と「当選祝い」。

今回は陣中見舞い・当選祝いに贈る祝花を、選挙祝いマナーや注意を交えてご紹介いたします。

2019.07.05

陣中見舞い

陣中見舞いとは?

選挙における陣中見舞い(陣中お見舞い)は、選挙活動をしている方々を応援・鼓舞するためのギフトです。しかし、贈り先様が政治家である以上「公職選挙法」「政治資金規正法」により、ギフトや寄付に関しては法律が関わってきます。

まず、法人企業・労組団体として政治家個人にお贈りすることができません。陣中見舞いをお贈りできるのは「個人が1人の候補者へ150万以下の品物・金銭・有価証券」となっております。詳しい法律内容を知りたい方は法律関係のサイト・書籍をご覧くださいませ。飲食物など違反対象項目も複数存在しますので、この場では「フラワーギフト」に関してのみご紹介させていただきます。

陣中見舞いに「胡蝶蘭」

胡蝶蘭白大輪 - 購入ページ

陣中見舞いには個人から金銭を寄付するパターンが見受けられますが、事務所開設に際しての物品をお贈りしたい場合は「胡蝶蘭」をおすすめいたします。胡蝶蘭は法律に違反することはなく、事務所を明るくはなやかに演出します。当選祝いに贈られるイメージが強い胡蝶蘭ですが、陣中見舞いにも大変喜ばれるフラワーギフトです。

胡蝶蘭の花言葉は「繁栄」「幸福が飛んでくる」「完全な美」など、選挙の先行きを明るく照らしてくれるような意味合いばかり。色味はピンクも美しいですが、一般的には「白大輪」がどの用途でも喜ばれています。また、ピンクなどイメージカラーをお持ちの方にはその花色の胡蝶蘭をお贈りするのも良いでしょう。ただ、金銭を想像させる黄色系の花弁やラッピングは避けなければなりません。

予算相場・立札・贈り方・マナー

1⃣予算相場

陣中見舞いの胡蝶蘭は約20,000円~50,000円(税別)が相場になりますが、50000円を超える場合「寄付」という扱いになり、選挙管理委員会への収支報告書に寄付者情報を記載しなければならないので、50,000円以下に抑えることが一般的です。

2⃣立て札

表書きは「祈御当選」「陣中御見舞」などを入れ、贈り主名を入れることが一般的です。

親しい間柄の方は、短いメッセージを入れても喜ばれます。

3⃣贈り方

宅配便でのお贈りですと花びらや蘭鉢の状態に確証がなく、その上段ボールでお届けすることはマナーとしても非常にグレーです。そのため、陣中見舞いの胡蝶蘭は必ず「花屋から手渡し」でお贈りしましょう。

4⃣マナー

個人が陣中見舞いをお贈りするタイミングは「選挙事務所を開設した日(大安)」が一般的ですが、贈り先様担当者が受け取れるお日柄の良い日時を確認し、お贈りするようにしましょう。

白大輪胡蝶蘭 - 花通販サイト
花助の胡蝶蘭は
1⃣全国対応手渡し届け
2⃣立て札無料
3⃣希望があれば回収
商品詳細をみる

当選祝い

当選祝いとは?

選挙活動を経て無事ご当選されたら、お祝いと今後の健闘を祈るしるしとして「当選祝い」をお贈りします。こちらも陣中見舞いと同様「公職選挙法」「政治資金規正法」が関わってまいりますので、フラワーギフト以外の制約や詳しい法律は専門のページをご参照ください。

当選祝いの「胡蝶蘭」

胡蝶蘭白大輪 - 購入ページ

「陣中見舞い」の項目でご紹介した通り、「幸福が飛んでくる」「繁栄」「完全な美」など非常に縁起の良い花言葉を持つ胡蝶蘭は、もちろん当選祝いに最適な祝花です。さらに、その鑑賞期間が長いことから「議員生活が長く続く」という願掛けも込められています。

選挙当選はスタートラインであり、当選者様の活躍はこれから期待されるものです。お祝いの気持ちと応援の思いを込めて、ぜひ胡蝶蘭をお贈りください。

 

胡蝶蘭 3本立ち 30輪以上
価格:30.000円(税別)
1⃣花屋から手渡し
2⃣全国対応配送無料
3⃣希望があれば回収
商品詳細をみる

当選で手渡す「花束」

お祝い花束 - 購入ページ

選挙の時にテレビや新聞などで、支援者が当選者に「花束」を渡すシーンを見た事があると思います。選挙戦を戦い抜いた候補者が議員となられ、多くの支援者の前で当選お祝いの花束を渡されるシーンは感動的です。

選挙事務所内で花束を当選者に手渡しする事で、当選のお祝いムードを一気に高め、お祝いの気持ちを直接伝える事が出来ます。

花束は色を組み合わせることができますので、当選者様のイメージカラーや好きな色があれば、その色をメインにお作りすると喜ばれます。特に決まりが無ければ、はなやかにミックスカラーが最も見栄えが良いでしょう。

お祝い花束
花助の花束は
1⃣花屋から手渡し
2⃣選べる花色
3⃣全国対応配送無料
商品詳細をみる

予算相場・立札・贈り方・マナー・注意

1⃣予算・相場

当選祝いのお花は、お付き合いにより予算が変動します。花束は約8,000円~15,000円(税別)、胡蝶蘭は約20,000円~50,000円(税別)が相場になりますが、50000円を超える場合「寄付」という扱いになり、選挙管理委員会への収支報告書に寄付者情報を記載しなければならないので、50,000円以下に抑えることが一般的です。知人やご親戚の方は8,000円~10,000円(税別)の予算帯でも十分お気持ちは伝わります。

2⃣立て札

表書きは「祝御当選」「御祝」などを入れ、贈り主名を入れることが一般的です。

親しい間柄の方は、短いメッセージを入れても喜ばれます。

3⃣贈り方

宅配便でのお贈りですと花びらや蘭鉢の状態に確証がなく、その上段ボールでお届けすることはマナーとしても非常にグレーです。そのため、陣中見舞いの胡蝶蘭は必ず「花屋から手渡し」でお贈りしましょう。

4⃣マナー

花束は当選が決定した瞬間にお渡しすると盛り上がりますが、万が一のリスクもあります。間違いやすいのですが「当確」はまだ完全な当選ではありません。公式事務所から「当選」した情報が出てから、フラワーギフトの手配をした方が確実でしょう。ギフトは5日以内にお贈りできれば、マナーとして問題ありません。

5⃣注意

当選発表後の選挙事務所は意外と早く解散されてしまいますので、贈り先の場所指定には注意が必要です。もし議員会館へお祝い花をお贈りする場合は、情報が不十分ですと、花屋が会館に入れて貰えません。衆議院は第一議員会館か第二議員会館か、贈り先様の部屋番号の確認、在室確認を行わないとセキュリティーの関係でお届けできない場合があります。参議院会館の場合も事前に確認をしないと同様の問題が起きてしまう可能性があります。議員会館宛てであることを事前に花屋と打ち合わせて、自分の情報だけでなく会館における贈り先様の情報を確実にし、オーダーするようにしましょう。

フラワーコンシェルジュサービス

花助は全国の花屋を厳選し、用途に最適な自社提携店によりフラワーギフトを手渡しでお届け致します。陣中見舞い・当選祝いの胡蝶蘭・花束は、候補者・当選者の今後を激励する大切な贈り物。胡蝶蘭の仕入れが得意な花屋が、良い生産者の胡蝶蘭をお贈りします。花束は、明るくボリュームを出せる生花担当者に依頼します。

選挙における陣中見舞い・当選祝いに贈るお花の花屋選びに悩まれましたら、花助のフラワーコンシェルジュにおまかせください。

花助 花ギフト 通販サイト

フラワーコンシェルジュ

小林新一

全国の一流生花店と自社提携を行い、全国対応の花贈りサービスを展開。世界に通じる花の総合商社設立を志し、株式会社花助の代表取締役を務める。 アメリカ・オランダへ生花事業留学後、国内生花店で実務経験を積み起業に至る。 第3回群馬ベンチャーサミット・グランプリ受賞 / 第3回群馬イノベーションアワード・ファイナルステージ登壇 / 経済産業省 グローバル起業家等育成事業 米国派遣プログラム採択 / 経済産業省 地方発ベンチャー企業ミートアップ登壇 / 各社新聞掲載など。

RECOMENDED / おすすめ記事