フラワーコンシェルジュがお勧めする、キャバクラ・クラブの女の子の誕生日に喜ばれるフラワーギフト5選

花の力をビジネスに活かす!

企業・法人向けフラワーコンシェルジュ。

 

キャバクラ・クラブなどの夜のお店で働いている女の子の誕生日への、フラワーギフトの需要は高いですが、一人の女の子の誕生日に、多くのお客様からお花が届きますので、せっかく贈ったお花が他のお花に埋もれてしまい、印象に残らないなんてことがあります。女の子の印象に残り「ありがとう~!!」と感謝して貰えるフラワーギフト5選を中心に今回はご紹介いたしますね。

2018.07.27
出典:写真AC

キャバクラ・クラブの女の子の誕生日に贈るフラワーギフト5選

誕生日の場を華やかに彩るスタンド花

※イメージ
スタンド花一段1万5千円~

キャバクラ・クラブなどの夜のお店で働く女の子にとって、自分のバースデーパーティーは、年に一度の一大勝負日になります!普段指名をしてくれるお客様がどれだけ来店をしてくれるか?お花がどれだけ届くか?など、誕生日の来店客とお花の数は、女の子にとって人気を表すバロメーターであり、お店や同僚の女の子に力を示すとても大切な日になります。
そんな、大切な誕生日の場の雰囲気を最大に盛り上げてくれるお花は何といってもスタンド花になります。人気の女の子の誕生日ですと、スタンド花が数十本も届き、お店の前やお店の中に所狭し並んだスタンド花を見ると、どんな女の子なのか気になり、ついついググってしまったりします(笑)また、指名している女の子の誕生日を盛り上げるために、一人で五万円を超す高額なスタンド花を何本も贈り、総額30万円以上のお花を買われるお客様も全国には多くいらっしゃいます。

スタンド花一段50.000円(おしゃれスタンド) ※現在商品準備中

指名をしている女の子の誕生日を華やかに彩りお祝いしたいのであればスタンド花を贈り祝福してあげて下さい。ただ、あまり指名のいない女の子や、たまにしか出勤しない女の子、人気の女の子と同じ誕生日の場合などは、誕生日を公開していない場合があります。お店にスタンド花が届いたことで、隠していた誕生日がばれてしまったり、お花が少な過ぎて、却って恥ずかしい思いをしたりする女の子もいますので、スタンド花を贈る前に確認は必要です。

インパクト抜群なバルーンスタンド花

通常のスタンド花は生花のみで制作いたしますが、バルーンスタンド花は生花にバルーンを入れる事でボリュームと動きの変化を出し、生花のみではできない圧倒的なインパクトがあり最近人気の商品です。ですがインパクト抜群な故にいくつかの問題点もあるのです。

バルーンスタンド花一段
価格:16,200円(税込)
商品詳細をみる

バルーンスタンド花一段
価格:21,600円(税込)
商品詳細をみる

バルーンスタンド花二段
価格:32,400円(税込)
商品詳細をみる
店外には設置できない

バルーンスタンド花はバルーンの大きさと軽さの為、風当たりが強い場所に設置すると倒れてしまい、歩行者や車に当たり傷つけてしまう恐れがありますので店外に飾ることはできない商品です。

狭い店内には設置できない

バルーンスタンド花は通常のスタンド花に比べ大きな商品になりますので、届け先のお店の店内が狭い場合、店内の動線を塞ぎお客様もスタッフの方も動けなくなってしまいますし、お店の天井が低い場合、照明の熱さでバルーンが割れる事もあります。

 

他のお客様との差別化を狙い、バルーンスタンド花を夜のお店で働く女の子の誕生日に贈ろうと検討された場合、まずはお店が広いか?お店の雰囲気に合っているか?を確認してから花屋に問い合わしたほうが良いでしょう。

スタンド花が置けないお店にはアレンジメント花

アレンジメント花
価格:8,640円(税込)
商品詳細をみる

アレンジメント花
価格:10,800円(税込)
商品詳細をみる

アレンジメント花
価格:21,600円(税込)
商品詳細をみる

全ての夜のお店にスタンド花が届けられるわけではありません。クラブの高級店や店内が狭くスタンド花を飾れる場所を確保できないお店の場合は、籠に入ったアレンジメント花をお勧めいたします。アレンジメント花はスタンド花に比べ小さい商品になりますので、店内の置く場所に困ることはありません。
また、スタンド花を贈る事が恥ずかしい場合や、指名ではない女の子にお付き合いで贈られる時、キャスト同士でお花を贈り合う場合などは、アレンジメント花で十分かと思います。
アレンジメント花もスタンド同様に、バルーンが入っているバルーンアレンジメント花がございますので、キャバクラやクラブなどの夜のお店で働く女の子の誕生日へのフラワーギフトとして大変人気の商品です。

バルーンアレンジメント
価格:10,800円(税込)
商品詳細をみる

バルーンアレンジメント
価格:16,200円(税込)
商品詳細をみる

バルーンアレンジメント
価格:21,600円(税込)
商品詳細をみる

自宅へ持って帰る前提なら花束

お祝い花束
価格:7,560円(税込)
商品詳細をみる

お祝い花束
価格:10,800円(税込)
商品詳細をみる

お祝い花束
価格:16,200円(税込)
商品詳細をみる

スタンド花は花屋が設置と回収をする商品になり、お花を載せるスタンド台など料金には含まれていませんので絶対に自宅に持って帰ってはダメな商品です。そもそも大きすぎて乗用車や電車で通勤している女の子は自宅に持ち帰れません。※過去に2回だけ、ワンボックスカーにスタンド花を積み込み持ち帰った強者がいました。また、アレンジメント花も一個や二個なら車や電車で自宅へ持ち帰りもできますが、数十個になると全部を持ち帰ることは不可能になります。花束はスタンド花やアレンジメント花と違い、立体的に制作していない為、お店の中ではソファーや壁に立て掛けられている場合が多く、その場では正直あまり目立ちませんが、誕生日で多くのお花を貰った女性が自宅用に持ち帰る為に選ぶお花は花束が多くなります。花束は持ち帰る様に制作されている為、持ち運びが便利なのです。

持ち帰りの便利な花束ですが、持ち帰る前提として自宅に花瓶があるかないかが大切です。
花束は花瓶に移し替えないと、お水が足らずに枯れてしまいます。まあ、あまり考えずに女性の部屋には花瓶の二つ三つは必ずあると思えば大丈夫です。100本のバラの花束を人生で貰った経験のある女性はあまり多くはいませんので、指名の女の子の誕生日に贈ってみては如何でしょうか?

花の宝石プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー
価格:10,800円(税込)
商品詳細をみる

プリザーブドフラワー
価格:16,200円(税込)
商品詳細をみる

プリザーブドフラワー
価格:21,600円(税込)
商品詳細をみる

花の命は短いと言いますが、お花は生ものという性質上、いつまでも奇麗に咲き誇ってはいません。だからこそ美しく華やかなのですが、そんなお花を生のままの状態で奇麗に咲き続けている商品がプリザーブドフラワーになります。プリザーブドフラワーは生のお花を薬品に漬けることで、水も要らずに約5年間奇麗な状態を保つことができますので、他の商品の様に水を入れる必要もなく、また、花の頭の部分のみを使いアレンジメントしますので、作り方にもよりますが小さな商品になり、

女の子がお店から自宅に持ち運ぶには最適な商品になります。イメージ的にはお花でできた宝石だと思って下さい。

そう、宝石ですので生のお花に比べて花の単価が高いので金額に対して高いと思う事になるかもしれませんが、生のままの状態で約5年間保つ花と考えたら費用対効果は高いです。キャバクラやクラブの女の子の誕生日にプリザーブドフラワーを贈り、お店の中ではスタンド花やアレンジメント花には、華やかさでは勝てなかったけれど、お店が終わった後に女の子が自宅に持ち帰りを選んだお花はプリザーブドフラワーで、車や電車で袋に入ったプリザーブドフラワーを大切に持ち帰り、自宅のテーブルや飾り棚にインテリアとして飾る花の宝石ってイメージがプリザーブドフラワーを夜のお店で働く女の子の誕生日お祝いに贈るイメージですかね。

胡蝶蘭3本立ち21輪以上
価格:16,200円(税込)
商品詳細をみる

胡蝶蘭3本立ち24輪以上
価格:21,600円(税込)
商品詳細をみる

胡蝶蘭5本立ち50輪以上
価格:54,000円(税込)
商品詳細をみる

お祝いアレンジメントフラワー
価格:10,800円(税込)
商品詳細をみる

お祝いアレンジメントフラワー
価格:16,200円(税込)
商品詳細をみる

クラブやスナックのママの誕生日へのフラワーギフトは?

お祝いアレンジメントフラワー
価格:21,600円(税込)
商品詳細をみる

キャバクラで働く女の子ではなく、クラブやスナックのママへの誕生日に贈るお花は、そのまま置いておいて飾れる胡蝶蘭かアレンジメント花がお勧めになります。
お店で働く女の子の誕生日であればスタンド花でも良いのですが、ママの誕生日にスタンド花はあまり用途として向いていません。理由はスタンド花を誕生日に贈った場合、誕生日が終わった段階でお店から花屋に連絡がありスタンド花を撤収します。普通の誕生日で一日、人気の女の子でも二日間で誕生日会は終わりますので、開店のスタンド花と違い一週間も誕生日のお花を飾っておくわけにはいきません。ママにとって一日二日で撤収されるスタンド花より、長期間店内に飾れる胡蝶蘭やアレンジメント花の方がお店の中が華やかになり、夜のお店という職業柄、お店にお花がある事は大切で大変有難がられます。

夜のお店で働く女の子の誕生日のフラワーギフトで絶対にしてはいけない事は?

出典:写真AC

誕生日や開店など、人にお花を贈る時に「とりあえず花でも贈っておく」という言葉を使う人を僕は苦手です。とりあえず花でもって、安易な考えでは必ず失敗してしまいます。
花は相手に届いて喜んでもらえて、初めてフラワーギフトという贈り物になります。
夜のお店で働く女の子の誕生日のお花で失敗してしまうケースに多いのは、配達方法のチョイスを間違えた場合です。皆さんもこんな経験はありませんか?

◆女の子の誕生日にお花を贈ったのに、お店に飲みに行ったらお花が見つからなかった。
◆誕生日にお店に行けないので、お花を贈ったら、御礼メールが来なかった。

これらの問題は配達方法に原因がある場合があります。今まで花を贈る場合は、地元の花屋が配達し、直接手渡しで届ける事が一般的でしたが、ネットショップの普及により、地元ではない花屋から、段ボール箱に入ったお花を宅配で届けるケースが増えてきました。女の子の誕生日には多くのお花が宅配便で届く場合、お店も営業準備で忙しく、女の子もお客様との連絡や着替えなどバタバタしているので、お店の通路には、開封しないままの段ボール箱が積み重なれ放置され、営業終了後にはゴミとして破棄されてしまいます。
私も銀座のクラブや六本木のキャバクラで、ビルの非常階段前や通路に積み重なった、お花が入った段ボール箱を確認しましたが、宅配で花を贈るではなく、ゴミを送っているのではないかと思いました。なぜ、宅配で届ける商品を選んだのか?大量に届く宅配の箱を誰が開封をし、片付けをするのかを考えたのか?宅配の規格の段ボール箱に入る小さなお花を贈り、夜のお店の女の子が喜ぶのか?
人に何かをプレゼントする場合、ある程度の先までイメージをして商品や渡し方を考えないと思わぬ失敗をしてしまう事があります。「とりあえず、花でも贈っておく」の考え方では、せっかく贈ったお花が、段ボール箱から開封もされず、ビルの通路や非常階段の前に山積みされる可能性が高い事がありますのでご注意ください。

出典:写真AC

お誕生日の女の子がお花を指定する場合がる

出典:写真AC

誕生日の女の子が花助のお花の商品を自分で選び、お客様に商品のURLを送りお花を指定する事が最近多くなってきています。
誕生日にお花を貰う女の子がお花を指定すれば、気に入らない花が届く心配はありませんし、お客様も何を贈るか?金額はどうすれば良いか?を考える必要がなくなりますので女の子、お客様にとって良いスタイルかと思います。人気のある女の子ですと40万円を超えるお花の注文がくる時もあり、余談ですが、例えばお店が愛知県の名古屋市にあったとしても、お花を頼まれたお客様の住所が愛知県ではなく、札幌、新潟、広島など店舗から遠方に住んでいる場合、以前に愛知県で赴任していた時に通っていたのか、出張で愛知県に来た時にお店に行くのかなど想像がつき、女の子の誕生日と出張日が合わずお店に行けない分、高額なお花を贈るのだから、花屋として精一杯サービスをしてお花を作らなければと気合が入ったりする時もありますし、お花を貰う女の子が花助を指定してくれた場合、当然期待は裏切れませんので気合の入り方は変わってきたりします。

夜のお店に花を贈る時間は?

出典:写真AC

夜のお店にお花を贈るお客様で、配達時間を開店時間の20時や21時を希望する場合がありますが、夜のお店も開店前にお店の清掃や女の子の送迎がありますので夕方にはお店に人がいる事の方が多いです。何時にあのお店には人がいる情報など、地元の花屋の方が知っている場合がありますので、お店の開店時間にあまり拘る必要はありません。また、お店が開いていない時にはスタンド花であれば、店舗前に設置できるスパースさえあれば置いてくる事もありますのでご了承下さい。

なぜ花助は夜のお店に強いのか?

花助は本来、企業間の花贈りである法人需要をターゲットとしたフラワーコンシェルジュなのですが、法人をターゲットとしたサービスや商品開発をする中で、夜のお店の開店やお誕生日に花を贈るお客様からの需要も増えてきました。予想外の需要の多さに驚き、企業ブランドを守るために、既存の花助とは別サイトのキャバクラ専門花贈りサイト「キャバ花」を立ち上げました。コンセプトは「社長の夜の花贈り」とし、昼間の社長と夜の社長は別の顔だが、同一人物の同じ一日の生活サイクルであると考えました。「キャバ花」を全国ネットワーク化する為に、夜遅くまで営業をしている、夜のお店向けのお花の制作慣れしている花屋を厳選しネットワーク化に成功しました。事業としては当初の予定より早く事業化しましたが、思わぬ盲点として担当の女性スタッフから、「私たちはキャバクラ専門のフラワーコンシェルジュで入社したわけではない」と意見を貰い「キャバ花」を閉鎖する事にしました。ですが、夜のお店に特化した花屋のネットワークは健在であり、今も花助に夜のお店のお花をご注文を頂いたお客様は、夜のお店向けのお花が得意な花屋から手渡しでお花を届けることができるのです。

花助ショッピングサイト

店長

小林新一

世界に通じる花の総合商社設立を志し、アメリカ・オランダで研修留学。 お客様が大切な人へ花を贈る際、花屋を選ぶ不安がある事から、全国の花屋を厳選し、花贈りをトータルサポートする、フラワーコンシェルジュサービスを展開。

RECOMENDED / おすすめ記事