コンサートやイベントにお花を贈る際、失敗しない花贈りをする為に、花屋を厳選しなくてはならない3つの理由とは?

花の力をビジネスに活かす!

企業・法人向けフラワーコンシェルジュ。

 

スポンサー企業や芸能関係、ファンの方々が、コンサートやイベントにお花を贈る際、花屋選びを間違ってしまうと、思わぬ失敗をしてしまう事があります。失敗しない花贈りをする為に、花屋を厳選しなくてはならない3つの理由とは?

2018.07.28
出典:写真AC

皆さん、好きなアーティストやアイドルやアニメのコンサートやイベントにお花を贈られた経験はございますか?

私は仕事柄、よくコンサートやイベント会場に花の搬入に行くのですが、今までスポンサー企業や芸能関係者からの名札のスタンド花が多かったのですが、最近は、アイドルやアニメのファンの方々が、コンサートやイベントにお花を贈る事が多くなり、創意工夫された独創的なお花や、名札のプレートを見かけるようになりましたが、反面、残念なお花を見かける事も多くなり、問題は花屋選びにあるのではないかと思うようになりました。

コンサートやイベントは全国各地で行われる為、毎回地域ごとに良い花屋を探す事は一般の方にとっては、難しく大変な作業になりますが、コンサートやイベントのお花を得意な花屋に依頼しないと、満足いく結果にならない可能性がありますので、

今回は皆さんの好きなアーティスト・アイドルのコンサートやイベントにお花を贈る時に、残念な花を贈らない為に、花屋を厳選しなくてはならない3つの理由をお話したいと思います。

花屋を厳選しなくてはならない3つの理由。

その花屋は大丈夫?

出典:写真AC

好きなアーティストやアイドルのコンサートやイベントにお花を贈られるファンの方は「こんなお花を贈りたい」、「メッセージカードにこう書きたい」など色々な要望があり、豪華なお花を贈る事で、アーティストやアイドルに気づいて欲しい思いや、独創的なお花をアレンジする事で、他のファンのお花と差別化したいという気持ちがあると思いますが、お花のデザインばかりを優先して考えてしまい、注文をする花屋選びを間違えて、昭和風なデザインの花や、スカスカの隙間の空いた花など、「なぜ?この花屋に頼んだのですか~!」というような残念なお花をコンサートやイベント会場で見かけます。

例えば「医者」と言っても、内科、眼科、皮膚科、整形外科、歯医者、耳鼻科など専門分野が分かれているので、歯が痛いときに眼科には行かないはずです。

世間ではあまり知られていませんが、「花屋」といっても、業務内容は多種多様で専門分野は細分化されていますので、用途を間違えて花屋に頼むと失敗する可能性は高くなります。

では、花屋はどのように細分化されていて、コンサートのお花を頼んだ場合どうなるリスクがあるのでしょうか?

◆葬儀店

葬儀会社と提携し、葬儀や法事がメイン業務の花屋に、コンサートのお花を頼んだ場合、普段は菊を中心に仕入れをしている為、スプレー菊、鉄砲ユリなど、お葬式で使うお花を大量に使われる恐れがあります。

出典:写真AC
◆ブライダル店

結婚式場と提携し、結婚式がメイン業務の花屋に、コンサートのお花を頼んだ場合、結婚式用の、お洒落で高価なお花を中心に仕入れしている為、全体的にスタンド花が小さくなる恐れがあります。

出典:写真AC
◆園芸店

花壇に植える園芸がメイン業務の花屋に、コンサートのお花を頼んだ場合、庭に植える鉢花を中心に仕入れしている為、切り花の在庫は少なく、センス・ボリューム等は期待できないかもしれません。

出典:写真AC
◆スーパー・駅ナカ店

スーパーや駅ナカにある、ホームユーズがメイン業務の花屋に、コンサート花を頼んだ場合、家庭用の単価が安い丈の短いお花を中心に仕入れする為、お花の質・お花の種類・デザインは期待できないかもしれません。

出典:写真AC

では、コンサートやイベントが得意な花屋を探す場合、ギフトフラワーが得意な花屋に依頼をして下さい。ギフトフラワーがメイン業務の花屋は常に数十種類のスタンド向きのお花を用意してあり、一日や二日で終わるコンサートやイベントに、仕入れしたばかりの蕾の状態の花は試用せず、花の咲き加減や開き加減を調整し選ぶ事ができる事で、花が開いた状態の華やかなアレンジメントができます。また、お客様が望む花を仕入れして、在庫として花が残った場合も、他のお客様に販売する事ができますので、ロスを気にせずに思い切った仕入れができ、用途に最適な花を沢山持っていることで、花の選択の幅ができ、バラエティーが増え、ボリュームが良い花を贈れる可能性が高くなります。

 

餅は餅屋ですので、葬儀には葬儀の花屋、結婚式にはブライダルの花屋、庭植え用は園芸店、ホームユーズにはスーパー・駅ナカ店など用途に合わせた使い分けが大切であり、何を贈るかよりもどの花屋に頼むかが大切になります。

出典:写真AC

その名札は大丈夫?

出典:写真AC

皆さんも、コンサート会場や、TVのエンターテインメントニュース、SNS等で、アーティストやアイドルのコンサート会場にお花が並んでいる場面を見たことがあると思います。

コンサート会場には、ファンの方はもとより、スポンサー企業、芸能関係者などから、沢山のお花が届きますが、コンサート会場に届いているお花の名札が、PC出しではなく、筆字の手書きだと、いくらお花が素敵でも「今時手書きってなんだ~!」と悲しい気持ちになることが多々あります。※まだ字が奇麗なら納得しますが。

100歩譲って、演歌歌手のコンサートや、古典芸能の舞台なら、良いのかもしれませんが、お洒落なイメージのアーティストのコンサートに届けたお花や、格好良いイメージの芸能人から届いている花の名札の名前が、筆字の手書きの場合、せっかく築き上げたタレントさんのブランドイメージを損ねてしまう恐れがあるのでお気をつけください。

コンサートはアーティストの世界観を楽しみ、ファンと共有する場でもありますので世界観を壊さぬよう、あまり手書きの名札を使う花屋からはコンサートのお花を贈らないほうが宜しいかと思います。

最近は、ファンの方々が自作で制作された名札を、コンサートのお花に使用するケースが非常に多くなっています。花助にも毎日数十件、ファンの方から自作の名札のデーターを頂きますが、皆さん非常に考えられていて、本当にアーティストやアイドルの事を愛して、一緒に頑張って、コンサートを成功させたい気持ちが伝わってきます。自作の名札をご希望の場合は、ジェイペグでデーターを花屋に送って頂くか、全て完璧に再作した名札を花屋に輸送で送るかになります。スタンド花の大きさのバランスを考えた場合、A3サイズが最大になりますのでお気をつけ下さい。コンサートのフラワーギフトに於いて、お花も大切なのはもちろんですが、名札は大切ですので注文をされる際、PC入力か手書きかを確認しないと、和風でレトロな感じのお花を贈る事になるかもしれません。

その花屋は分かっている?

出典:HITOKAGE

コンサートにお花を贈る場合、いくつかの制約や約束事がある事はご存知でしょうか?

◆コンサート花は、誰でも、いつでもお花を贈れるわけではないのです。

まず、コンサートのお花の持ち込み不可な会場ですと、お花は届けられません。

また、コンサートの主催者がお花の持ち込みを禁止する場合もあります。

お花の搬入時間と回収時間も決められていますので、時間を確認し厳守しないと、次回から持ち込み禁止になる場合があります。

◆次に、お花の大きさや、スタイルの規格が決まっている会場があります。

例えば、コンサート花=スタンド花になりますが、会場によりスタンド花の大きさの規格が、高さ180センチ、底辺40センチ×40センチと決まっています。これは主催者側スタッフがスタンド花を移動する際、あまり大きなスタンド花だと移動が大変な為で、物差しでスタンドの大きさを測る会場もございますので注意が必要です。

またライブ会場などの小さな会場で行われる場合は、スタンド花ではなく、小さなアレンジメント花のみ受付可能な会場もありますので合わせて確認をしないと、現場でお花をスタンド花からアレンジメント花に作り直す可能性もあります。

これらの取り決めを確認しない花屋は意外に多いので、事前にご自分でご確認されてから、花屋に注文した方が宜しいと思います。一番肝心なアーティストの世界観やファンの思いを考慮せず、花を会場に届けさえすれば良いと考えている花屋もいますので、信頼できる花屋からコンサートのお花は頼んでください。

ご理解頂きたい事。

お花を会場の好きな場所には飾れない事はご存知でしょうか?

実際に起きた話ですが、ある有名アーティストのコンサートに、お花を贈られたファンの方から「私のお花が届いていなかった。」とご連絡を受けました。「確実に二階通路に届けています」と伝えると、「会場の入り口に飾って欲しかった。」と返答を頂きました。通常コンサート会場の目立つ場所には主催者側の指示で、スポンサー企業や芸能関係者からの花が飾られます。ですから花屋が勝手に、自分のお客様の花を優先的に置くことはできませんし、置いたとしても後から主催者側に違う場所に移動されてしまいます。

有名アイドルグループなど、非常に多くのスタンド花が届くことが想定された場合は、花屋から届いた花を一か所にまとめ、後で主催者側配置する為、間違ってお花と名札が差し直され、お花が入れ替わってしまうケースも増えています。どんなに好きなアーティストやアイドルでも、大きなコンサート会場では好きな場所にお花は飾れませんし、贈ったお花の札が、スタッフさんに差し直され、花と札が別々になってしまう事もありますのでご理解下さい。

 

コンサート会場に贈るお花は?

※イメージ

スタンド花一段
価格:15,000円(税別)
商品詳細をみる
※イメージ

スタンド花二段
価格:20,000円(税別)
商品詳細をみる

コンサート会場に贈るお花は、会場と主催者が持ち込みを禁止していない場合、スタンド花が一般的になります。スタンド花は一段※15000円~、二段※20000円~、の商品があり、上段だけにお花が挿してあるのが一段、上段、下段の二段にお花が挿してあるものを二段と呼びます。どちらがお勧めという事はありませんが、法人・企業様が贈られる場合は二段の二万円以上が相場になります。コンサート会場に一段と二段のスタンド花が並んで飾られていた場合、どうしても一段は見劣りしてしまい、二段の方が上下二段にお花が挿してあるため豪華に見える為です。

最近は大都市を中心に、スタンド花に風船が挿してある、バルーンスタンド花の人気が高いですが、地域によりバルーンスタンド花の制作をしていない花屋もいますのでご確認下さい。また会場によりスタンド花の大きさが決まっている場合は、バルーンスタンド花の搬入が出来ませんのでご了承下さい。バルーンスタンド花をご検討される際は、アーティストやアイドルの世界観と、バルーンスタンド花が一致するのか想像してから購入した方が良い場合があります。

※イメージ

バルーンスタンド花一段
価格:15,000円(税別)
商品詳細をみる

法人・企業・芸能関係者様へ

コンサートのスポンサー企業や芸能関係様は、全国各地で開催されるコンサートやイベントにお花を贈る機会が非常に多く、毎回地域ごとに信頼できる花屋を選び、交渉する事は非常に手間だと思います。

出典:GAHA

法人・企業様がコンサートやイベントにお花を贈る際、毎回地域ごとに信頼できる花屋を検索し、依頼する手間を省く為、花助のフラワーコンシェルジュサービスは、全国200店舗の優良生花店と事業提携を結び、全国各地へONESTOPでの花贈りが可能としています。

全国ツアーをされる、アーティストやアイドルのコンサートのお花を、地域ごとの花屋に頼む煩雑さを無くし、地域を選ばず一括で注文する事が出来きますので非常に便利です。また、名札の筆耕間違いを起こさない為、お届け前に名札チャックをフラワーコンシェルジュが致しますのでご安心下さい。配達間違いや名札の筆耕間違い、お花のセンスについての不安があり、間違いのないフラワーギフトを贈りたい場合や、名札に法人・企業様のロゴ等を入れ、他社とのお花の差別化がしたいご希望がございましたら是非、花助のフラワーコンシェルジュサービスをご利用なさって下さい。

なぜフラワーコンシェルジュが必要なのか?

 

コンサートにお花を贈ったら、名札の筆耕ミス間違いあった。商品を間違えて配達されてしまった。配達を忘れられていた。価格と商品が見合わない等の経験はございませんでしょうか?

全国各地で行われるコンサートに花を贈る機会の多い、法人・企業の担当者の方や、ファンの方にとって、地域ごとに毎回信頼できる花屋を探し、交渉する事は手間であり困難な事です。

花助のフラワーコンシェルジュは、年間二万件以上のフラワーギフトを全国へお届けする事で全国の花屋の良し悪しを把握し、お客様に代わり花屋を厳選し、用途に最適な信頼できる花屋からコンサートのお花をお届け致しています。人気のあるアイドルやアニメのコンサートやイベントの場合、一回のコンサートにファンの方々から100件近い花のご注文を頂き、スポンサー企業様からも全国ツアーに100万円以上のお花の御注文を一括で頂いております。もし、Web検索で時間ばかり消費し、どこの花屋が信頼できるか悩まれた場合は、是非とも花助のフラワーコンシェルジュにご相談下さい。

花助ショッピングサイト

店長

小林新一

世界に通じる花の総合商社設立を志し、アメリカ2年間・オランダ1年間の花の留学。 お客様が大切な人へ花を贈る際、花屋を選ぶ不安がある事から、全国の花屋を200店舗厳選し、花贈りをトータルサポートする、フラワーコンシェルジュサービスを展開。

RECOMENDED / おすすめ記事