花助のフラワーコンシェルジュとは?

花の力をビジネスに活かす!

企業・法人向けフラワーコンシェルジュ。

 

全国各地の取引先やイベントに、花を贈る機会の多い、法人・企業にとって、毎回地域ごとに信頼できる花屋を探し、交渉する事は大変不便であり効率的ではありません。

ですが、信頼できる花屋と取引をしなかった場合、思わぬ大きな失敗をしてしまい、ビジネスに支障をきたす事にもなりかねません。

そこで、花助はお客様に代わり、全国の花屋を厳選し、花贈りをトータルサポートする、フラワーコンシェルジュサービスを開始いたしました。

2018.08.25

お客様がフラワーコンシェルジュサービスをご利用する事で、全国各地の優良生花店から、より良い花を間違いなく届けられれば、花を贈る事がビジネスの力になると確信しています。

取引先の慶弔事に花を贈る事により、ビジネスの信頼関係を強固にし、更なる発展を遂げるために信頼できる花屋から失敗のない花贈りをお勧め致します。

なぜ、フラワーコンシェルジュが必要なのか?

皆さまは全国各地の良い花屋をご存知でしょうか?

全国各地の取引先やイベントに、花を贈る機会の多い、法人・企業にとって、全国各地の花屋の良し悪しを把握する事は難しく、花屋選びはwebで検索し、勘を頼りに花屋を決められる方は多いと思います。

ですが勘に頼った花屋選びをしてしまった為に、せっかく贈った花がかえって失礼にあたり、失敗してしまった経験がある法人・企業の方も多いと思います。

・花助オリジナルサイト

では、同業者である花屋は、全国各地の良い花屋を把握しているのでしょうか?

答えはNOです。

通常、花屋は店舗を構え、来店客にお花を売る小売り販売が主体ですので、全国の花屋間の交流は無く、花屋の良し悪しや得意分野も分かりません。

花屋である私自身、お店で花を販売しているだけでしたので、全国各地の花屋と面識や交流は無く、ましてや花屋の良し悪しなんて分かりませんでした。

その為、お客様から遠方へ花の配達を依頼された場合は、加盟しているフラワーネットワークの名簿から、合った事も話したこともない、届け先に近い花屋を適当に選び、配達の依頼をしているだけでしたので、毎回あり得ない失敗が起きてしまいました。

◆名札の筆耕内容を間違えてしまう。

※届け先様や贈り主の名前を名札に書き間違いをしたまま配達してしまう。

◆商品を間違えて届けてしまう。

※配達員がお祝いの花と御供の花を取り間違えて商品を配達してしまう。

◆花を届けることを忘れてしまう。

※注文を受けていた事を忘れてしまい、未配ミスをしてしまう。

◆配達員が横柄な態度である。

※花屋の配達員の態度が横柄で届け先に不快な思いを与えてしまう。

このような問題が起きるたびに、花屋業界の未来に対して不安を感じ、花がギフトとして価値がなくなってしまうのではないかと憂いを抱くようになりました。

花屋は家族で経営をしている事が多く、ミスを防ぐチャック体制が機能していない場合や、身内経営のため、ミスや失敗を軽く捉えてしまう傾向が見受けられます。

全国には多くの信頼できる花屋が存在していますが、なかなかお客様に分かって貰えないジレンマがあります。

全国の優良生花店とお客様を繋ぎ、価値ある花贈りを実現する為に、

全国の花屋を厳選し、花贈りをトータルサポートする事で、間違いのない花贈りを実践する、フラワーコンシェルジュの必要性を感じ開始いたしました。

・花助オリジナルサイト

なぜ、フラワーコンシェルジュに依頼すると間違いなく良い花が届くのか?

お客様の主観で選んだ花屋から花を買うよりも、フラワーコンシェルジュに依頼した方が良い花が届く理由には大きく5つの特徴があります。

花屋を厳選。

全国には21300軒数の花屋があり、一都道府県あたり453件の花屋がある計算になりますが、これだけ多くの花屋の中から良い花屋を探す事は至難になります。

※2015年NTTタウンページ調査

・花助オリジナルサイト

飲食店であれば「食べログ」や「ぐるなび」などの飲食店評価サイトがありますが、なかなか花屋の適正な評価サイトは存在せず、花屋を選ぶ判断材料は多くはありません。

その為、全国各地へ花を贈る機会の多い、法人・企業に於いて、毎回地域ごとに信頼できる花屋を探す事は不可能に近く、花屋を選ぶ際に、ウェブ検索を頼りに、写真を見ながら個人の主観で選んで失敗をしてしまうケースがあります。

また花屋は業務内容が細分化されていて、仕入れする花や得意分野は異なります。

葬儀業務が中心の花屋は、菊などの葬儀花を中心に仕入れしますし、ブライダル業務中心の花屋は結婚式用のお花を中心に仕入れしますので、用途と花屋がマッチングしない場合、残念な結果になる可能性があります。

・花助オリジナルサイト

ウェブサイトの情報だけでは、信頼できる花屋も、花屋の専門分野も分かる事が難しいです。

花助のフラワーコンシェルジュは過去10年間、年間約二万件の花を全国各地の花屋に依頼する事で、花屋という同業者としてシビアな目線から、レベルの良し悪しを判断し厳選してきました。

全国の花屋を厳選する事で、全国各地へ花を贈られる機会の多い、法人・企業様が、地域を選ばず全国ONESTOPUで花助のフラワーコンシェルジュに依頼できる体制を整えました。

花屋が厳選した花屋だからこそ価値ある花贈りを提供できると思います。

アドバイス。

「とりあえず花でも贈っておいて」

取引先の事務所移転や就任祝いなどに「とりあえず花でも贈っておいて」と上役の方から指示される担当者の方は多いと思いますが、花を贈る事だけでは意味は無く、用途に最適な花のスタイルなど、TPOを踏まえた花贈りをしなければ効果的ではありません。

その為、花贈りのエキスパートであるフラワーコンシェルジュが、法人・企業の担当者の方へアドバイスをさせて頂く場合があります。

 

 

・花助オリジナルサイト
◆上場や役員就任のお祝いにスタンド花を役員室宛てに贈ってしまうと、開店の様になってしまい品がありません。
◆パーティー会場には胡蝶蘭を贈られると、フロアに直置きされ会場が華やぎません。パーティーの時間内を華やかに演出するのであれば、スタンド花がよろしいでしょう。
◆コンビニエンスストアの開店に胡蝶蘭を贈ってしまうと、店内のスペースが埋まってしまい動線を塞いでしまいますので、お客様への告知の意味も含めてスタンド花が良いでしょう。
◆企業間での花贈りにバルーンが入ったお花では、カジュアルになってしまい相応しくはありません。
◆病院の開院や飲食店の開店に、真っ赤な色の花を指定してしまうと、「血」や「赤字」「火事」を連想される方もいますのでお気をつけ下さい。

などのアドバイスをする事でより効果的な花贈りを実現しております。

 

また、担当者が代わられた場合も、過去に花を贈った履歴は保存されていますので、前任者の方は名札の筆耕内容はこう書かれていました、平均予算は2万円でしたなどアドバイスいたす事も可能です。

 

 

チェック。

花屋が花屋の仕事をチェックする事により、同業者間という緊張感が生まれ、間違いのない花を贈る事が出来ます。

従来花屋は家族経営が多く、確認などのチェック体制が機能していない場合があります。

またスタッフを雇用している場合も、事業規模が小さい為、経営者のワンマン体質になりがちになり、チェックがし難い場合があります。

・花助オリジナルサイト

花助のフラワーコンシェルジュは「名札の筆耕間違い」「花の配達忘れ」「花の商品間違い」を防ぐ為に事前に確認を致します。

◆名札の筆耕間違い。

残念ながら、名札を書き間違う花屋は非常に多く、取引先会社名や社長名を書き間違えてしまい、花を注文した会社の担当者と上司の方が、届け先の会社に出向き、直接謝りに行くケースがあります。

フラワーコンシェルジュは名札の筆耕内容の間違いを防ぐ為、事前に花屋からデータを頂き名札をチェックする事で名札の筆耕間違いを防止しています。

◆花の配達忘れ。

お葬式やパーティー、コンサートなど、数時間で終わってしまう式典やイベントに届ける花を頼んでいたのに、花屋が配達を忘れてしまい間に合わなかったという話は実際あります。

花助のフラワーコンシェルジュは花の配達忘れを防ぐ為、お客様の配達希望時間前に花屋に電話をし、花の届けが終了しているか確認をすることで、未配を防ぎます。

◆花の商品間違い。

お祝いの開店のお花を頼んでいたのに、菊の入った御供の花が届いていたなどの、配達員の勘違いによる商品間違いや、製作者の確認間違いは頻繁におきます。

花助のフラワーコンシェルジュは、お客様が希望した商品か、色合いは合っているか、要望を叶えているか画像で確認する事で、

商品間違いや、思い込みによる間違いを未然に防ぎます。

過去に起こってしまった間違いを予測し、事前に潰す事により、間違いのない価値ある花贈りを可能としています。

高価格帯の花の発注ボリュームの優位性。

花助のフラワーコンシェルジュは、年間20,000件以上の高価格帯の花の依頼を、全国の提携した花屋へ依頼する事で、花屋にとって一番の取引先になっています。

その為、花助の注文に対しては、花の品質やボリューム、配達などのサービスには細心の注意をして貰い、花助のフラワーコンシェルジュを通して花を贈られたお客様は、より良い花を贈る事ができるのです。

新商品・新サービスの提案。

花助のフラワーコンシェルジュは商圏が全国の為、全国各地のお客様からの、花に対する要望や提案が集まることにより、お客様のニーズがくみ取りやすく、新商品・新サービスをスピード持って全国へ提案する事で、他社にはないお客様が望む商品やサービスを提供する事が出来ます。

まとめ。

花屋の私が全国の花屋の良し悪しが分からないのだから、

お客様は、大切な方へ花を贈る時に、花屋を選ぶ不安があるのではないかと想像してスタートした、フラワーコンシェルジュサービス。

残念ながら花屋の中には、花を贈るではなく、花を届ければ良いという考え方のままの営業方針の経営者もいます。

花を届ける事には価値が無く、花を贈る事に価値があると私は考えます。

花助のフラワーコンシェルジュは、全国各地へ花を届けられる事を目的として、花屋と事業提携は致しません。

あくまでも、フラワーコンシェルジュが厳選した花屋から花を贈る事にこだわりたい為、花を贈れない地域がありますがご容赦頂ければと思います。

引き続き、全国の素敵な花屋と出逢い、お客様と結ぶ事でかちある花贈りを提供できるよう精進致します。

店長

小林新一

世界に通じる花の総合商社設立を志し、アメリカ・オランダで研修留学。 お客様が大切な人へ花を贈る際、花屋を選ぶ不安がある事から、全国の花屋を厳選し、花贈りをトータルサポートする、フラワーコンシェルジュサービスを展開。

RECOMENDED / おすすめ記事