仕事で付き合いのあった方・取引先の方へ供える通夜・葬儀花のマナーと贈り方

「誰が」「誰に」「何の為に」の花贈り

企業・法人向けフラワーコンシェルジュ

 

お仕事で付き合いのあった方やビジネスパートナーの突然の訃報に、驚かれる日が来るかもしれません。取引先の方の葬儀に供えるお花を手配する場合、どこに手配を依頼するべきか?花のスタイルは何を贈るべきか?予算は?届けるタイミングは?お花の色は?等悩まれる方は多いと思います。葬儀は厳粛な儀礼であり、故人を偲び、遺族を慰める為に、失礼のないようにお花を供えなければなりません。

今回はお仕事で付き合いのあった方の葬儀へ贈るお花についてご説明いたします。

2018.08.26

葬儀花の依頼方法

葬儀のお花を依頼する場所

お葬式のお花を手配する場合は、葬儀会場か葬式会社、または花屋に依頼をします。葬儀会社が分からない場合は、訃報に記載のある葬儀会場に連絡を取れば、葬儀会社の社名を教えていただくことができます。

どこに葬式花を依頼して良いか分からず、喪主様に直接連絡し、花の手配をお願いする事は避けるべきでしょう。葬儀花に関しては、葬儀会社が取り仕切っている場合がほとんどで、喪主様に聞かれてもお手を煩わせてしまうことになります。

なお、花屋に依頼する際は、葬儀会社によっては「外部の花屋からの持込禁止」「外部の花屋からは持込料徴収」など、納品できない場合も多くあります。その場合は、葬儀会社提携の花屋でしか制作ができませんので、葬儀会社に花を出したい旨を連絡する必要があります。

 

お花のスタイル

葬儀に供えるお花の事を、地域によって異なりますが、葬儀花(そうぎばな)、葬式花(そうしきばな)、供花(きょうか、そなえばな)、つけ花と呼びます。

 

多くの地域では「スタンド花」を葬儀花として使用していますが、風習や葬儀会場のルールにより、そのスタイルは千差万別です。仮に葬儀スタンド花を制作しお届けしても、載せるスタンド台を使わず、葬儀場に用意されている桶に入れる場合や、スタンド2段を贈る風習が無く1段が主流のケースや、ダルマ籠という壺花のようなスタイル、スタンド花を2基贈る対(つい)の地域もございます。

葬儀の供花は、地域ごと、葬儀会場事にマナーやルールがございます。葬儀会社や花屋に相談し、お任せする方が良いでしょう。

お供えスタンド花
価格:20.000円(税別)
商品詳細をみる

葬儀花の色・花材

お祝いのお花と異なり、葬儀花は「風習」に則った贈り花です。主観的なデザインの指定はせず、花屋か葬儀会社にすべてお任せしましょう。

地域の風習だけでなく、宗教や宗派によっても仕様が変わります。風習に逆らったデザインでお届けすることは、故人様にも失礼に当たります。葬儀という儀式に故人を偲び、遺族を慰める為に花を贈りますので、全体の調和を一番に考えた方が宜しいでしょう。

法人から贈る葬儀花の予算

取引先や仕事で付き合いのあった方のお葬式に届けるスタンド花の平均予算は15,000円~30,000円(税別)なります。スタンド花1段の場合は、平均15,000円前後、2段の場合は20,000円前後になります。

葬儀スタンド1段
価格:15.000円(税別)
1⃣花屋から手渡し
2⃣全国対応配送無料
商品詳細をみる

葬儀スタンド花2段
価格:20.000円(税別)
1⃣花屋から手渡し
2⃣全国対応配送無料
商品詳細をみる

お届けのタイミング

葬儀には通夜あり、通夜無しがあります。

通夜とは、葬儀の前日の晩に執り行われる、故人と寄り添う最後の夜の儀式になります。もし通夜がある場合は、お花は通夜の段階から届けて下さい。

遺族の方にとって、通夜や葬儀にお花が多く届いているほど嬉しいものです。あまりお花が少ないと、寂しい葬儀というイメージを参列者に持たれてしまいます。通夜の段階でお花を届けますと、通夜と葬儀の二つの儀式にお花を飾る事が出来ます。ですので、通夜にお花を届けられる時間がある場合、前日の通夜からお花は届けて下さい。

 

通夜無しの葬儀であれば、外部の花屋に依頼する際は葬儀の開始時間一時間前にはお花を届けておいた方がよいでしょう。なお、大抵持ち込み時間が決まっていますので、葬儀会場の指示に従った搬入をしなければなりません。通夜、葬儀は厳かな儀式の為、参列者が着席している時間や、アナウンスが始まっている時間にお花を届けると、会の雰囲気を壊してしまい、失礼に当たる可能性があります。

葬儀スタンド
価格:20.000円(税別)
商品詳細をみる

フラワーコンシェルジュサービス

今回は、お世話になった取引先様の葬儀への花の出し方・マナーをご紹介いたしました。

お花を贈る際は、まず電話で花屋や葬儀会社に連絡をとってみましょう。葬儀のお花は地域や葬儀会場ごとに風習やルールが異なり、一概に扱うことはできないので、プロに任せることが最適です。

花助のフラワーコンシェルジュは、葬儀社に持ち込みを確認したのち、外部からの持込が可能である際は、葬儀花に特化した花屋を選び、間違いのない花贈りを提供いたします。

花助 オンラインショップ

フラワーコンシェルジュ

小林新一

全国の一流生花店と自社提携を行い、全国対応の花贈りサービスを展開。世界に通じる花の総合商社設立を志し、株式会社花助の代表取締役を務める。 アメリカ・オランダへ生花事業留学後、国内生花店で実務経験を積み起業に至る。 第3回群馬ベンチャーサミット・グランプリ受賞 / 第3回群馬イノベーションアワード・ファイナルステージ登壇 / 経済産業省 グローバル起業家等育成事業 米国派遣プログラム採択 / 経済産業省 地方発ベンチャー企業ミートアップ登壇 / 各社新聞掲載など。

RECOMENDED / おすすめ記事