当選祝いに贈るフラワーギフトとは?

花の力をビジネスに活かす!

企業・法人向けフラワーコンシェルジュ。

 

選挙の当選祝いに贈るフラワーギフトは、当確決定時に選挙事務所で直接、当選者に手渡しする花束と後日、選挙事務所や議員事務所に届ける胡蝶蘭があります。

花束と胡蝶蘭を贈る事は何が違うのか?

恥を欠かない当選祝いのお花のマナーとは?

今回はフラワーコンシェルジュが当選祝いに贈る、フラワーギフトについてお話致します。

2018.09.22
出典:写真AC

花束。

出:典イラストAC

皆さんも、選挙の時にテレビや新聞などで、支援者が当選者に花束を渡すシーンを見た事があると思います。

選挙戦を戦い抜いた候補者が議員となられ、多くの支援者の前で、当選お祝いの花束を渡されるシーンは感動的であります。

花束を渡すときには、当選確実の知らせを待って、直接当選者にお渡しください。

選挙事務所内で、花束を当選者に手渡しする事で、当選のお祝いムードを一気に高め、お祝いの気持ちを直接伝える事が出来ます。

ですが、選挙には「まさかの坂が」ありますので、事前に用意した花束が、候補者が落選した為に不要になった話や、絶対当選するだろうと思い、選挙事務所に花束を持って待機していたら、残念な結果になり、事務所内で居心地が悪い思いをする事がございますのでお気をつけ下さい。

後援会関係者以外の方が、開票日に花束を贈られる場合は、遅い時間まで開いている花屋を事前に確認し、開票結果を待ってから、ご注文されたほうが安心かもしれません。

後援会関係者の方は、事前に花束の手配を済まし、開票結果により花束を当選者にお渡しした方が安心かもしれません。

花束の色は、候補者のイメージカラーがあれば、その色にしたほうが喜ばれます。イメージカラーが無い場合は華やかな色合いが良いでしょう。

平均ご予算は5,000円~10,000円になります。

※イメージ
※イメージ

胡蝶蘭。

お祝い花束
価格:5.000円(税別)
商品詳細をみる

お祝い花束
価格:6.000円(税別)
商品詳細をみる

お祝い花束
価格:7.000円(税別)
商品詳細をみる

お祝い花束
価格:8.000円(税別)
商品詳細をみる

お祝い花束
価格:9.000円(税別)
商品詳細をみる

お祝い花束
価格:10.000円(税別)
商品詳細をみる

選挙事務所の開所祝いや、当確後に当選祝いとして、議員会館や地元の事務所にお届けするお花は胡蝶蘭が一般的になります。

胡蝶蘭の花びらが蝶々に似ている為、花言葉に「幸せが飛んでくる」という意味や、花の観賞期間が長い為「議員生活が長く続く」という意味合いがあります。

当選祝いのお花に悩んだら、胡蝶蘭をお届けすれば間違いはありません。

胡蝶蘭の色味は、白でもピンクでも当選祝いの場合は関係ありませんので、お好きな色をお選び下さい。

平均金額は約30,000円になります。

 

 

※イメージ

胡蝶蘭 3本立ち 30輪以上
価格:30.000円(税別)
商品詳細をみる

国会の議員会館にお届けする場合は、衆議院は第一議員会館か第二議員会館なのか、部屋番号の確認、在宅なのかチェックを事前にしておかないとセキュリティーの関係でお届けできない場合があります。参議院会館の場合も事前に確認をしないと同様の問題が起きてしまう可能性があります。

地元の事務所も留守の場合がありますので事前の在宅確認は必要になります。

お花のお届けは、当選後一週間以内のお届けであれば、失礼には当たりませんので、即日届けられなくてもご安心ください。

大切なのは胡蝶蘭を急いで届ける事ではなく、品質が良く花持ちが長い胡蝶蘭を贈る事になりますので、胡蝶蘭の仕入れが得意な花屋を選び依頼して下さい。

NG。

※イメージ

当選のお祝いのお花は、手渡し届けをする花屋を選んでください。

当選祝いのお花を宅配届けした場合、お相手先様に、段ボール箱を開封し、片付ける手間を掛けさせてしまいます。

また宅配の規格の箱に入る大きさになる為、小ぶりな胡蝶蘭を届ける事になり、他の胡蝶蘭と並んで飾った場合、貧相に見えてしまう可能性があります。

全ての花を贈る用途に言える事ですが、大切な人へ贈るお花は手渡しが鉄則になります。

花助のフラワーコンシェルジュ。

全国各地の選挙の当選祝いに贈るお花を、花屋を厳選する事で、より良いお花をお届け致します。当選祝いには数多くの胡蝶蘭が届きますので、あまり貧相な胡蝶蘭や、すぐに枯れてしまう胡蝶蘭を贈った場合、かえって恥を欠いてしまう可能性があります。胡蝶蘭の仕入れが得意な花屋が、目利きした良い生産者の胡蝶蘭をお届けする事が肝心です。

当選祝いに贈るお花の花屋選びに悩まれましたら、花助のフラワーコンシェルジュに依頼下さい。

店長

小林新一

世界に通じる花の総合商社設立を志し、アメリカ2年間・オランダ1年間の花の留学。 お客様が大切な人へ花を贈る際、花屋を選ぶ不安がある事から、全国の花屋を200店舗厳選し、花贈りをトータルサポートする、フラワーコンシェルジュサービスを展開。

RECOMENDED / おすすめ記事