大臣就任祝いの胡蝶蘭で考えなくてはいけない2つの事。

花の力をビジネスに活かす!

企業・法人向けフラワーコンシェルジュ。

 

内閣組閣が行われ、議員が大臣に任命されたお祝いに贈る花は、胡蝶蘭が一般的になります。

ですが、胡蝶蘭を贈れば良いと考えるだけでは、思わぬ失敗をしてしまう事があります。

失敗しない為に考えなくてはいけない2つの事とは?

2018.09.24
出典:写真AC

配達方法を考えているか?

出典:イラストAC

通常、お花を届けるときは、本人が直接お花を持参するか、花屋が代わりに届ける事が一般的になります。

胡蝶蘭などの大きなお花の場合は、本人が直接持参する事はなく、胡蝶蘭を運搬できる車を持っている花屋が届ける事になります。

ですが最近は、ネットショップの普及により、胡蝶蘭を段ボール箱に入れ宅配で届ける事を売りにしている花屋や生産農家が多くなっています。

ではなぜ、胡蝶蘭を宅配で届けるお店に注文をしてはいけないのか?

① 宅配の規格に合わせた段ボール箱に入れて発送をする為、胡蝶蘭の大きさに限界がある。
② 宅配は前日発送の為、生ものである胡蝶蘭に問題が生じる恐れがある。
③ お相手先様に、段ボール箱の開封と片付けの手間をかけてしまう。
④ 天災や交通事情等の問題が起きた時に、融通がきかなくなる。

花屋を選んでいるか?

出典:写真AC

胡蝶蘭を届ける場合、花屋に注文する事が一般的になりますが、どの花屋に注文しても一緒ではありません。お医者様も、歯医者・眼科・産婦人科・皮膚科・整形外科などと細分化されているように、花屋も、葬儀・ブライダル・園芸・ホームユーズ・ギフトなど得意分野の細分化がされています。得意分野が違うという事は仕入れする花も違い、目利きや花市場や生産者とのパイプも変わるという事になります。普段、胡蝶蘭を仕入れしていない花屋は、良い胡蝶蘭の品種や生産者を知らず、値段だけで仕入れする可能性が高くなります。また、胡蝶蘭がお店にあったとしても回転が悪く、古い胡蝶蘭を納品する可能性も高まります。

胡蝶蘭の仕入れに慣れていない花屋に注文をした場合、以下の問題が起きる事が予想されます。

① 胡蝶蘭がすぐに枯れてしまった。
② 価格と商品が見合わない。
③ ラッピングセンスがない。

また、しっかりした花屋に注文しなかった場合は以下の問題が起きます。

① 名札の筆耕内容を間違えられた。
② 商品を間違えられた。
③ 配達を忘れられた。

全て私の花屋経験の中で普通に起きていた問題です。

胡蝶蘭を贈られる場合は、花屋の口コミやレビュー、電話応対などをもとに選ばれたほうが良いでしょう。

3. 花助のフラワーコンシェルジュとは。

胡蝶蘭 3本立ち 30輪以上
※イメージ

胡蝶蘭 3本立ち 30輪以上
価格:30.000円(税別)
商品詳細をみる

お客様に代わり、全国の花屋を厳選し、用途に最適な花屋から花を届けるサービスです。

一口に胡蝶蘭と言っても、様々な生産者が胡蝶蘭を栽培し、品質や品種、規格も全く違います。胡蝶蘭を贈られる場合は、胡蝶蘭の仕入れに強く、目利きができる花屋に注文をして下さい。大臣就任祝いの胡蝶蘭は華やかで立派な品を届けお祝いして下さい。

花屋選びに悩まれた場合、ぜひ花助のフラワーコンシェルジュをご利用ください。

お客様の花屋選びの不安を安心に変えるサービスが、花助のフラワーコンシェルジュです。

店長

小林新一

世界に通じる花の総合商社設立を志し、アメリカ・オランダで研修留学。 お客様が大切な人へ花を贈る際、花屋を選ぶ不安がある事から、全国の花屋を厳選し、花贈りをトータルサポートする、フラワーコンシェルジュサービスを展開。

RECOMENDED / おすすめ記事