開店祝いの花で失敗してしまった5つの事例。

花の力をビジネスに活かす!

企業・法人向けフラワーコンシェルジュ。

開店のお祝いに花を贈ったのに、お相手先様に喜ばれず、微妙な雰囲気になり、失敗してしまうケースが稀にあります。

なぜ?せっかく贈った開店祝いの花を、お相手先様は喜んでくれないのでしょうか。

今回はフラワーコンシェルジュが過去に経験している、5つの事例をお話したいと思います。

2018.10.06
出典:写真AC

 

 

 

花を飾るスペースが無い。

出典:写真AC

東京などの大都会で、人通りも多く、両隣に店舗がある、間口の狭い狭小店舗の開店に、大量の開店花が届きますと、お店の前は両隣の店舗の営業の邪魔になる為、多くのスタンド花は飾れませんし、店内も狭く花を飾るスペースが無い為に、せっかく頂いた開店花ですが、営業に差し障りがある為、お花の受け取りを辞退されるお客様が稀にいらっしゃいます。

お店が小さく狭い場合、開店花を頂く事は嬉しいのですが、飾るスペースが無い事もありますのでお気をつけ下さい。

 

対策

事前にお相手先様に、お花を届ける旨を確認するか、GoogleMapで店舗の大きさをチェックしてから、開店花の手配をして下さい。

開店日が遅れる。

出典:写真AC

個人経営の店舗の開店の場合、工期の都合で開店日が遅れるお店があり、開店日が遅れている事に気づかずに、開店日前にお花を届けてしまいますと、花屋がお店に花を届けた際、お店はまだ開店しておらず、内装屋さんや、電気屋さんが工事をしている事があります。

開店の案内状を送付した後に、工期遅れが発生する可能性もありますので、確認は必要になります。

 

対策

個人経営の店舗の開店の場合、開店日をもう一度、事前確認しておいても良いでしょう。

験を担ぐ。

出典:写真AC

滅多にないケースですので気にしなくても大丈夫だと思いますが、真っ赤な色で統一した開店花を贈りますと、お相手先様から「赤は火事に繋がる」や「赤は赤字に繋がる」というお言葉を頂く可能性があります。個人経営の飲食店オーナー様に多い事例になりますが、験を担ぐ方もいますのでお気をつけ下さい。

店舗の開店はハレの日になりますので、個人的主観の色の好みは避けた方が良いでしょう。

 

対策

理由もなく単に個人的に、赤色が好きだから、赤色は目立つからの理由で、赤色のみのお花を注文しないほうが無難です。

花を届ける時間。

出典:写真AC

お店の開店時間ピッタリに、お花を届けて欲しいとの依頼を頂戴する事がありますが、開店時間ピッタリはお店のスタッフも忙しい為、開店時間の一時間前目安ぐらいには、開店花を届けた方が親切になります。逆に夕方に開店する飲食店の開店花を、午前中届けを指定するお客様もいらっしゃいますが、不在の場合はお相手先様に、花屋や宅配業者から連絡が行き、開店前の忙しい時に迷惑になりますのでお気をつけ下さい。

 

対策

開店花のお届け時間は、早すぎても、ピッタリでもなくて大丈夫ですので、ご安心下さい。

用途と商品がミスマッチ。

出典:写真AC

コンビニエンスストアの開店に室内に飾る胡蝶蘭やアレンジメント花を贈られた場合

何処に花を飾るか想像して下さい?

レジカウンターの上に飾るのか?レジカウンターの前に飾るのか?バックヤードに飾るのか?

コンビニエンスストアの開店に、室内に飾る胡蝶蘭やアレンジメント花を贈った場合、お客様やスタッフの動線を妨害し、邪魔になってしまう恐れがあります。

自分がコンビニエンスストアのオーナーになったと仮定し想像した場合、開店日に欲しい開店花は、店外で開店を華やかに告知してくれ、道行く人へ開店をPRしてくれるスタンド花になります。

この様に、用途と商品が見合わない場合、コンビニエンスストアのオーナー様は花屋の配達員が運んできた胡蝶蘭を見て「この胡蝶蘭は何処に飾れば良いだろう?」と花屋の配達員に相談するリスクは低くなります。

 

対策

誰が、誰に、何の為に、花を贈るのかと考えると、用途と商品のミスマッチは無くなります。

まとめ 花助のフラワーコンシェルジュとは。

全国の開店花の御注文が、花助に集まる事で、開店花に於ける様々な問題を理解し、対処するノウハウを備え、「誰が」「誰に」「何の為に花を贈るのか」という考えのもと、花贈りのアドバイスをしております。単に花を送る事が価値ではなく、花を贈る事を価値と捉え思考・行動していますので、大切な方への開店祝いに花を贈るので、失敗はしたくないと不安をお持ちのお客様は、花助のフラワーコンシェルジュサービスをご利用ください。

店長

小林新一

世界に通じる花の総合商社設立を志し、アメリカ2年間・オランダ1年間の花の留学。 お客様が大切な人へ花を贈る際、花屋を選ぶ不安がある事から、全国の花屋を200店舗厳選し、花贈りをトータルサポートする、フラワーコンシェルジュサービスを展開。

RECOMENDED / おすすめ記事