専門学校・大学の卒業式で企業からスタンド花を贈る方法とマナー

三月は各種学校の卒業式があり、花の需要が多いシーズンになります。

大学や、特に専門学校の卒業式へ企業から花を贈ることは多く、卒業式会場入り口や会場ロビーには企業から贈られた花が、卒業式壇上には壇上花が飾られ、卒業式に文字通り花を添えています。

今回は企業が大学や専門学校の卒業式へ贈るお祝い花の選び方と、いわゆる「壇上花」との違いをお話をしたいと思います。

2019.02.03
出典:写真AC

企業から卒業式へ贈るお祝い花

企業がお祝い花を贈るべき理由

実学系の大学や専門学校は様々な学問分野に分かれていて、それぞれの専門分野のスキルについて学ぶ学校になります。

経済、薬学、医学、衛生分野の美容、理容、調理、製菓系専門学校。服飾・家政分野のファッション、服飾系専門学校。教育・社会福祉分野の介護福祉、幼児教育系専門学校。商業実務分野の経理、医療事務系専門学校などをはじめ、専門学校の分野は細分化されており、それだけ「その職種の戦力になりうる人材」であるということです。

 

企業サイドは学校との信頼関係を継続することで就職口の一つとして名を出すことができ、花贈りはそのようなビジネス的側面からも大切な行為なのです。また各種大学や専門学校は、企業と教育支援や教育資材などの業務提携や事業提携をしている為、専門学校の卒業式には関連企業からお祝いのお花も数多く届く事になります。

卒業祝い花は「スタンド花」

大学・専門学校の卒業式に企業が贈る花と言えばスタンド花が代表的です。地元のホールや会館、大学の講堂で行われる卒業式会場入り口やロビーに飾られたスタンド花は、卒業式という晴れの舞台をより一層華やかに演出してくれます。花屋に注文する際には「卒業式は一日限りの式典になるため、蕾の花は極力使わずに咲いている花を使用して下さい。」とリクエストすると、咲き加減の良い開花した状態のスタンド花を届ける事が出来ます。

お祝いスタンド花 - 専門学校卒業式
スタンド花一覧ページです
POINT
1⃣花色選択可能
2⃣送料無料・全国対応
3⃣生花店から手渡し
商品詳細をみる

卒業式スタンド花の予算相場

スタンド花一段であれば15.000円~、スタンド花二段であれば20.000円~が制作可能価格帯ですが、どちらも20,000円前後がお勧めの価格になります。また、1段スタンドは通常物足りなく感じられますが、価格帯を20,000円でボリュームを上げ、「スタンド台はお洒落スタンドでお願いします。」と花屋にリクエストすれば、通常の四本足のスタンド台ではない、お洒落な台で届ける事ができ差別化が図れます。

卒業祝いスタンド花1段 20,000円
POINT
1⃣花色選択可能
2⃣送料無料・全国対応
3⃣生花店から手渡し
商品詳細をみる

卒業祝いお祝いスタンド花2段 20000円
POINT
1⃣花色選択可能
2⃣送料無料・全国対応
3⃣生花店から手渡し
商品詳細をみる

卒業祝いスタンド花を贈る際のマナー

届けるタイミング

出典:写真AC

卒業式の当日、式典が始まる前が最適なタイミングですが、念のため学校に確認を取りましょう。

卒業式が行われる三月は気温が低く、前日納入をしてしまうと花が寒さで萎れてしまう可能性があります。卒業式という晴れの日でありますので、花は生き生きした状態のまま飾り、お祝いをしたいものです。なお、学校側から前日搬入で指示があった場合は、それに従って搬入をする必要があります。学校の希望指定時間もある場合が多いので、事前に花を出す旨を連絡しましょう。

立て札・名札の文例

表書きは「御祝」「祝御卒業」「祝卒業」「卒業おめでとうございます」が一般的です。そこへ贈り主様会社名と肩書、代表者名を記載すれば間違いありません。稀に、社名だと学生に伝わらないと考える企業様は、企業名の前に「」をつけてサービス名を入れることもあります。

花助のフラワーコンシェルジュ

大学・専門学校の卒業式は、学生が在学中に興味のある分野の知識や技術を習得し、社会にでて実際に活躍する準備が整った事をお祝いする大切な式典になります。

卒業生を受け入れる企業様、また関連企業様から贈られる花は、卒業式という晴れの日に花を添える大切な贈り物。

三月は卒業式が集中する季節になる為、式典当日に間に合うよう余裕をもってご注文ください。

花助のフラワーコンシェルジュサービスは、全国の花屋を厳選し、お客様の用途に最適な花屋から手渡しにて花を届けるサービスです。

また、企業ロゴを印字する名札サービスや見積書・請求書など各種書類にも対応しております。

大学卒業式・専門学校卒業式への花贈りにご不安がある場合は、花助のフラワーコンシェルジュをご利用ください。

 

花助 オンライン花ギフト通販

フラワーコンシェルジュ

小林新一

全国の一流生花店と自社提携を行い、全国対応の花贈りサービスを展開。世界に通じる花の総合商社設立を志し、株式会社花助の代表取締役を務める。 アメリカ・オランダへ生花事業留学後、国内生花店で実務経験を積み起業に至る。 第3回群馬ベンチャーサミット・グランプリ受賞 / 第3回群馬イノベーションアワード・ファイナルステージ登壇 / 経済産業省 グローバル起業家等育成事業 米国派遣プログラム採択 / 経済産業省 地方発ベンチャー企業ミートアップ登壇 / 各社新聞掲載など。

RECOMENDED / おすすめ記事